CHANGE (木村拓哉さん)

kimutaku04
SMAP木村拓哉さんは、毎週月曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『CHANGE』に朝倉啓太 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
鵜飼武彦(伊東四朗さん)内閣総理大臣の内閣支持率は10%を切り、ここ10年で最低の数字をたたき出し、世間ではいつ辞任するのか注目を集めていた。
そんな中、福岡選出の与党議員と後継者である長男が事故で死亡し、補欠選挙が行われることになった。この補欠選挙は、次の総選挙に影響する大事な選挙で、与党である日本政友党としても議席を失うわけにはいかない。与党総務会長・神林正一(寺尾聰さん)は秘書の美山理香(深津絵里さん)を福岡に残し、公認候補選びを任せる。
理香が目をつけたのは、亡くなった朝倉議員に勘当された不肖の次男坊・朝倉啓太(木村拓哉さん)。啓太は天体観測を趣味とし、福岡を離れ長野県でほのぼのと小学校教師をしていた。理香の再三の説得に応じようとしない啓太だったが、母・貴江(富司純子さん)に無理を押して立候補してもらうしかないという事態を聞き、嫌々ながら出馬を決意する。
啓太が地元・福岡に帰ると、父の後援会だった人たちは啓太を大歓迎する。そして前回、啓太の父もお世話になったという選挙プランナー・韮沢勝利(阿部寛さん)の下、次々と短期決戦の方策が打ち出されていき、啓太の選挙戦がスタートするのだった…。

啓太は、投票日直前に出た啓太の父の18年前の不正利益供与の記事の内容を認めた上でこう訴えました。
「世の中に必要な悪があるなんて、子どもたちに教えたくはありません!!」
元・小学校教師ならではの発言で印象的でした。
しかも啓太が政治嫌いになった理由もまさにその疑惑騒動で、父の不正を謝ることにより、啓太自身のわだかまりも解消する形になりました。
理香は東大法学部を卒業し、財務省に入省。それから政治家を目指し議員秘書になりました。また、選挙プランナー・韮沢は、日本中の選挙を渡り歩き、候補者を勝たせた戦績は、199勝1敗。韮沢が唯一負けた最初の選挙は、自身が無所属で立候補した市議会選挙でした。韮沢は、「俺は裏でサポートする方が向いている」と割り切った発言を啓太にしていましたが、実際のところどうなんでしょうか? このドラマは、小学校教師・啓太が総理大臣へと劇的に転身するお話のようなので、その暁には、理香と韮沢が啓太の内閣に入閣するという展開も面白いなぁと想像してしまいました。