1ポンドの福音 (山田涼介さん)

ryousuke03
Hey!Say!JUMPの山田涼介さんは、毎週土曜夜9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『1ポンドの福音』に向田勝己 役で出演しています。
一昨日は第6話が放送されました。
●あらすじと感想
向田勝己(山田涼介さん)がいじめられていることを知った聖子(小林聡美さん)は、「あんたをいじめられるような弱い奴に育てた覚えなんか無い」とキツイ言葉をあびせてしまい、勝巳も「こっちだってこんな家に生まれたくて生まれてきたわけじゃない」と反論し、元々ぎこちなかった親子関係に決定的な亀裂が生じる。
「だめな母親だよね」と反省する聖子は、いじめによりボンドで開けなくなってしまった勝巳の教科書に“力ずくで開け!母”とのメッセージを書く。勝巳は授業で教科書を読むように先生に指名され、そのメッセージに気付くと微笑み、力ずくで教科書を開くものの紙が剥がれた状態で文字は読めない。勝巳は先生にはっきりと「読めません!」と言い、クラスのみんなに笑われるが、一人満足げな表情を浮かべるのだった…。

勝巳にとっては大きな一歩であり、母親の愛情を感じた瞬間でもあったのでしょう。ボクシングジムの経営も大変でしょうけど、聖子にはもっと“家族”(子ども)にも目を向けて欲しいものです。
ちなみに向田ジムのトレーナーで聖子とは幼なじみでもある三鷹秀夫(光石研さん)は、同じように聖子のメッセージに励まされ、いじめを克服したようです。三鷹は大事そうに“力ずくでたおせ!”と書かれたボクシンググローブを持っていました。
アンジェラ(黒木メイサさん)は、本当に自分は畑中耕作(亀梨和也さん)を好きなのかを確認するために「修行」と称して向田ジムに入門しましたが、そこでのジムの人たちや勝巳の姿を見て、“家族”というものを考えさせられ、自分にとって家族のような存在である人たちのいる修道院に戻って行きました。耕作はいつかチャンピオンになって神様に勝ってアンジェラと“家族”になる決意をする。「もっと強くなって、シスターの夢になるんだ!」とタイ人ボクサー・タイガーパンヤークとの試合に勝利。目標をしっかりと持つこと、前向きであるところは私も見習いたいです。
終盤には上田(岡田義徳さん)の父親が登場するやいなや上田のことを殴り飛ばしました。次回は上田がクローズアップされるのでしょうか? 楽しみです。