佐々木夫妻の仁義なき戦い (稲垣吾郎さん)

inagaki02
SMAPの稲垣吾郎さんは、毎週日曜夜9時TBS系列にて放送されている連続ドラマ『日曜劇場・佐々木夫妻の仁義なき戦い』に佐々木法倫 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
几帳面で融通が利かない弁護士・佐々木法倫(稲垣吾郎さん)は、人生に行き詰まっていた。そんな時に出会ったおおらかな性格で打てば響くような知性を持つ同じく弁護士の律子(小雪さん)に惹かれ結婚。夫婦で弁護士事務所を構える。しかし、律子のおおらかさとはだらしなさであること、打てば響くような知性とはへらず口の別名であることを法倫は思い知ることになる。律子は不得意だからという理由で家事を完全に放棄するようになっていた。それを問題視した法倫とはしばしば夫婦げんかが繰り広げられ、家庭は崩壊寸前の状態になっていた…。

このドラマは、正反対な性格の弁護士夫妻が繰り広げる仕事や私生活での騒動をコメディタッチで描いています。
脚本は森下佳子さんが担当。役名のほとんどが実在のプロレスラーに由来しています。ちなみに主人公の「佐々木夫妻」は、佐々木健介さん・北斗晶さん夫妻から取られていて、しかも妻・律子の旧姓は、北斗晶さんの旧姓と同じ「宇野」となっているという懲りようです。また、アントニオ猪木さんなど毎回プロレスラー関係のゲストが出演するそうです。
第1話では、佐々木夫妻の家庭環境と「自宅前のゴミ置き場を移転して欲しい」という依頼の案件を重ね合わせて、夫妻の心の機微を描写。コメディ要素と人情路線のバランスも良かったです。
毎回なんだかんだ言いながら、結局2人は協力して案件を解決に導き、その案件とのかかわりの中で、色々なことに気付き影響しあいながら、2人の関係も変化していくのでしょうか。楽しみです。