スワンの馬鹿! (上川隆也さん)

kamikawa
上川隆也さんは、毎週火曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~』に諏訪野大輔 役で出演しています。
今週は第7話が放送されました。
●あらすじと感想
今回は時田秀喜(梶原善さん)親子の話がメインでした。
時田にお別れを言いに来た時田の息子・元気(深澤嵐さん)だが、父の姿が見当たらない。
香月絢菜(芦名星さん)、加茂健司(劇団ひとりさん)と共に時田を探す諏訪野大輔(上川隆也さん)。
公園で時田を発見するが、時田は「再婚相手はいい人らしい。元妻にも、息子に未練が残るようなことをしないでほしいと釘を刺されたし、もう会わない方がいい」と言う。
そんな時田に大輔は「親に愛された記憶が子どもを支える」と力説する。その言葉で思い直した時田は、息子・元気の念願だったキャッチボールを涙ながらにする。
ベタな展開ではありましたが、とても感動しました。
大輔絡みのお話も進展しました。
黒田志摩子(森口瑤子さん)が大輔と付き合っていたことを、大輔の妻・真澄(田中美佐子さん)に打ち明けてしまい、大輔が真澄に詰め寄られるという面白いシーンがありました。
また、今までに度々伏線が敷かれていた事柄がついに明らかになりました。
それは絢菜と川瀬光充(成宮寛貴さん)の関係です。昔付き合っていたこと以外に何か因縁めいた関係を漂わせていた2人。
絢菜の父親は介護用品の会社の創業者だったが、川瀬に株を買い占められ、会社を乗っ取られて死んだのだと絢菜は大輔に打ち明けました。それで絢菜は人を信じられなくなってしまったようです。
でも、大輔たちの姿を見てもう一度人を信じてみようと思えるようになったと絢菜は大輔に告げます。人の行動が人の心を動かすなんてとてもいい話ですね。
そして、そんな絢菜に大輔は、絢菜の父の納骨に福島まで同行するという約束をしてしまいます。これが次回の一波乱へとつながるようです。
一方、絢菜の上司・服部(上杉祥三さん)に持ちかけられた政略的な見合い話を断り、ある決意を持ってエンゲージリングを取り出す川瀬でしたが、大輔と絢菜が親密にしている姿を目撃してしまいます。川瀬の胸中、お察しいたします。私は独身・川瀬を応援しています!