ハタチの恋人 (塚本高史さん)

tsukamoto
塚本高史さんは、毎週日曜夜9時TBS系列にて放送されている連続ドラマ、日曜劇場『ハタチの恋人』に河村由紀夫 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
大阪の食品会社で働く50歳のサラリーマン・井上圭祐(明石家さんまさん)は、時折昔の恋人の思い出を口にしながらも、今ではこよなく妻・小百合(森下愛子さん)や子どもたちを愛する平凡な夫である。
ある日、圭祐は東京出張で宿泊したホテルで、幼なじみの鈴木風太(市村正親さん)と偶然再会する。風太には、昔、金や女のことで散々迷惑をかけられたが、今やその風太は、「森山リュウ」というペンネームでベストセラー作家となっていた。
そして、風太の利用しているスィートルームで、風太の留守中に、圭祐はルームメイドのアルバイトをしている20歳の沢田ユリ(長澤まさみさん)と出会う。かつての恋人とそっくりの容姿のユリに、圭祐はすっかり心を奪われてしまう。
ユリは圭祐をベストセラー作家・森山リュウと勘違い。最近会社の内定を取り消されて焦っていたグラフィックデザインの専門学校生であるユリは、コネ目的で圭祐に近づくのだった…。

そろそろ人生の先が見え始めた50歳の中年男と苦学ながら希望に燃えている20歳の女性。世代も環境も全く違う2人が触れ合うことで、どんな心の化学変化が起こるのか楽しみです。
第1話で推察できることは、ユリの母親(小泉今日子さん)が圭祐の昔の恋人であろうこと。気になったことは、ユリの父親は誰であるかということ。
塚本高史さん演じる河村由紀夫は、ユリと同じ専門学校生。カメラマンを目指しているようです。ユリは由紀夫のことを親友として接していますが、由紀夫の方は恋心を抱いているのでは? だとしたら、是非とも頑張ってほしいものです。
役柄的に一番面白かったのは、市村正親さん演じる鈴木風太です。今後、圭祐の恋の指南役を務めるのでしょうか?
さんまさんは、特別に役作りをしている風でもなく、いつものお笑いのさんまさんでした。でもそれが味があってよかったです。