パパとムスメの7日間 (新垣結衣さん)

aragaki02
新垣結衣さんは、毎週日曜夜9時TBS系列にて放送されている連続ドラマ『パパとムスメの7日間』に川原小梅 役で出演しています。
昨日は第4話が放送されました。
●あらすじ
“心”と“身体”が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろしさん)と小梅(新垣結衣さん)が乗り切らなければならない大きい壁、それは、社長と全役員を前にした大事な会議、通称「御前会議」と、小梅の留年のかかった「期末テスト2日目」。その重大な局面を迎えた二人は、最初のうちは穏便に物事が運ぶ。
しかし、小梅(の姿をした恭一郎)は化学のテストで降参して白紙。しかも、放課後、先生に職員室に呼び出され、心配されるほど昨日のテストの結果が思わしくなかった。
友達の律子(森田彩華さん)は、自分の親へのアリバイ工作のために、ダブルデート旅行を計画。泊まり旅行ということもあって、健太先輩(加藤成亮さん)は、小梅の親を気遣って渋るが、律子は、小梅もノリノリだったと嘘をついて話を進める。
一方、恭一郎(の姿をした小梅)も御前会議が終盤にさしかかり、内心安堵していたところへ、突然専務から抱負を語るように促され、とんでもないことを口にしてしまう。「売れないと思います」。そして、恭一郎(の姿をした小梅)の提案により、前例のない新しい売り方でレインボードリームを展開していく方針が決定。その責任をすべて負わされることになってしまった。
プロジェクトチームのメンバーは、恭一郎(の姿をした小梅)の「会社の都合や事情は、お客さんに関係ない」という意見に共感。再びチーム一丸となって、一からプロジェクトに取り組むことになった。西野和香子(佐田真由美さん)は、そんな恭一郎にますます思いを募らせ、ついには、会社から帰宅する道の途中で、「私、リーダーのこと、本気なんです」と恭一郎に抱きついてしまう。「娘を悲しませたくない」とごまかし、その場をそそくさと立ち去った恭一郎(の姿をした小梅)を家で待ち受けていたのは、余計な発言をしたことに対して腹を立てている小梅(の姿をした恭一郎)だ。そして、なぜか恭一郎の妻・理恵子(麻生祐未さん)も怒りながら部屋から出てきた。和香子のたくらみによって背広のポケットに入れられたイヤリングを発見したからだ…。